パワーストーン

パワーストーンってどんなもの?

パワーストーンとは、宝石などに込められた特殊な力が宿っている石のことです。その石を身につけることで良い結果をもたらしてくれると信じられており、パワーストーンをお守り代わりにする人も存在します。

 

パワーストーンという言葉自体は和製英語であり、海外ではクリスタルなどの表現がなされています。宝石や天然石を中心にパワーストーンと称されますが、中には天然石や宝石ではない、貴金属や化石などもそのように称することもあります。

 

水晶というのももちろんパワーストーンの一種とされており、パワーストーンを総称して水晶と言う人もいるようです。水晶院の水晶もここからとられていると言われています。

 

パワーストーンの歴史はかなり古く、原住民族などが宝石には特殊な力があると信じて、呪術の道具として使用するなど、各地で使われてきました。古代ケルト民族や神話などにもよく出てくるので、昔話が好きな人や北欧の文化に興味がある人には馴染み深いと思います。

 

一般的に浸透するようになったのは1970年代と言われており、石が持つ癒し、ヒーリングの力がアメリカの文化の中で指摘され、1980年代には日本にもそのブームがやってくることになります。

 

それまでほとんど日の目を見ることがなかった鉱石がパワーストーンとして認知され、売れるようになります。このブームは下火になりますが、2000年代に入り、再びパワーストーンを巡るブームが再燃し、多くの人が身につけるようになり、今に至ります。

 

日本においてパワーストーンを身に着けるということ、身に着ける意味というものが浸透したのは割と近年の話で、当初はパワーストーンという鉱石としての装飾的な魅力やアクセサリーとしての意味合いが強かったように思われます。

 

それぞれの天然石には意味が込められており、今自分自身が願っている思いに合致をするものとリンクする天然石などを持つことが重要です。

 

願いを込めていくことにより、元々自分自身の中に秘められている潜在的な能力を増幅させることができるようになると言われており、とにかく何でもかんでも身に着けるというよりは、これだというものに出会い、常にそれを持ち続けることで願いが成就するとも言われています。

 

1つのものを持ち続けるということもできるだけでなく、複数のパワーストーンを一緒にして身につけることもできます。

 

一方で相性の悪い組み合わせというのもあり、そうしたものに気をつけてチョイスをしていくのも魅力となっています。

 

これらを身につけて、迷いのない行動をしていくことで願いを実現させることができます。

パワーストーンの代表的な特徴

パワーストーンの効果を最大限に引き出すにはいつも一緒にいることが大切です。

 

お財布やパスケースに入れておくのもいいのですが、私はブレスレットやネックレスにすることをお勧めします。

 

身に着けていればなくすことはほぼないですし、身に着けていたほうが効果を得やすいということも言われています。また石に守られている感覚があり安心感や安堵感が出るということもあります。

 

ブレスレットやネックレス以外にピアスやストラップ、指輪という方法もあります。方法によって得られる効果に多少違いがありますので、違いについはまた別の機会にお話しできればと思います。

 

ブレスレットやネックレスは女性のものというイメージですが、最近は男性でもアクセサリーとして取り入れている方を街で見かけますので違和感はないかと思います。

 

パワーストーンの種類によってはヒーリング効果や安心感などを与えてくれるものがあるというのもありますので、最近落ち着かない人にはそういったものを身に着けるのもオススメだと思います。

 

私の場合はブレスレットにして身につけていました。

 

当時は彼ができなくて、出会いもなく、つまらなくて、何とかしたいと思っていた時期でした。

 

昔から石にはある種のパワーが宿っていると信じられてきましたが、私も試しに石のパワーにあやかってみようと考えパワーストーンをつけることにしました。
今の私が物足りないと思っていたことは女性としての幸せ、簡単にいうと彼氏がほしいということと、仕事も充実させたいという欲張りなものでした。
そこでローズクォーツピンクトルマリンを中心にブラッドストーンとクオーツを入れブレスレットを作りました。

 

ローズクォーツの意味は「美と愛を得る」ピンクトルマリンは「愛を引き寄せる」で女性の幸せを引き寄せる代表的な石です。ブラッドストーンは「バイタリティが備わる」で、クオーツは万能選手のような石です。

 

色合いや石の大きさにこだわって普段使いできるブレスレットにしました。

 

心配だったのはあまりに高価だったら困ると思っていたのですが、石の値段と石のパワーは比例しません。安くても自分の希望や願いに沿った石を探すことができるのです。

 

石と過ごすと気分が良くなるからでしょうか?自信がつくからでしょうか?まずは仕事面で効果がでました。女性としては異例の研修会に参加することになり、研修でのプレゼンを任されることになったのです。もちろん大変でしたが研修会出席の準備をしていく過程で、違う支店や部署に連絡をとる事が多くなり、自然と人の輪が広がり、異性との出会う機会が多くなりました。本当に不思議です。

 

パワーストーンを盲目的に信じるのではなく、「大丈夫私にはこの石たちがついている」と思い、自信をもって行動をすることで良いことが起き、その一つがまた次の良いことをひき起こすのかもしれません。

 

自分と相性の良いパワーストーンの見つけ方

パワーストーンは種類が多く、それぞれによって色も効果も異なりますし、相性も異なります。アクセサリーとして選ぶときは好きな色やデザインで選べばいいですか、パワーストーンの効果を得たいと考えたときは、上述したように自分に相性の良いものを見つけることが大事です。

 

相性の良いパワーストーンの見つけ方にはいくつか方法がありますが、代表的なものが生まれた日で探す方法です。

 

この世に生まれた生年月日というものはとても運命的なもので、誰もが持ち合わせているものの、人によって異なるものです。それゆえに深い意味合いを持っていて、生まれた年月日によって相性の良いパワーストーンが決められています

 

昔から誕生石を身に付けることによって加護があるとされているのは、それだけ生年月日というのは大事なものだからです。誕生石のアクセサリーを身に付けることが人気なのも、加護があるという俗習から来ているといて、誕生石の持つ効力をさらに高めることが期待されています。

 

またその他に相性の良いパワーストーンの見つけ方として、自分の直感を大事にするという方法もあります。実は直感というのはとても大事で、潜在的に自分の好きなものや相性の良いものを選んでいることが多い傾向があります。そのため直感によって選ぶことで、無意識に自分と相性が良く、身に付けることで効力を高める効果が期待できます。

 

自分では選ぶことは難しいというときは、パワーストーンを販売しているお店によってはカウンセリングを行っているところがあります。カウンセリングをすることによって、自分では気づかない潜在的なものを見つけることができ、相性の良いパワーストーンを見つけることにつながることがあります。

 

その他の方法として、自分が得たい効果を持つパワーストーンを選ぶという方法もあります。恋愛運や仕事運、金運など人によって願うものは異なります。それらの願いを叶えてくれるようにパワーを与えてくれるものを意識して身に付けるようにすることが大切です。

 

関連ページ

人間関係に効果が期待できるパワーストーン
人間関係に効果的なパワーストーンを紹介しています。人間関係をスムーズにしたい方、人間関係を改善したい方、人間関係の悩みを解決したい方にオススメのパワーストーンを紹介していますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。もちろん関連したえんぎ屋、水晶院で取り扱っている商品もご紹介します。
パワーストーンの浄化方法
えんぎ屋・水晶院、ラッキーショップで取り扱っているパワーストーンの浄化方法についてお伝えします。パワーストーンに邪気がたまると効果半減のため、浄化してきれいに保つとより効果を期待できます。

トップページ えんぎ屋・水晶院とは ラッキーショップについて パワーストーンについて